人気ブログランキング |

豆腐入り肉団子の作り方

*良くある肉団子スープですが、挽肉の半分を強引に豆腐にしてしまいます。カロリーも低くなりますし、ふわふわした口当たりが、幅広い年代に食べやすいと思います。これからの季節は、鍋にしてもいいですね。
関連記事:猫のおやつになるもの

【材料と作り方】団子のみのレシピです。
・木綿豆腐 1丁
・豚もしくは鶏挽肉 200g 好みで増減、見た目同量程度。
・片栗粉 適量
・塩、胡椒、おろし生姜 適量 ペットのおやつにするつもりなら当然入れない。

1)豆腐は、大きく8つくらいに割り、ひたひたの水を入れて火にかける。沸騰したらざるに上げ水を切る。→豆腐の水気を切るため。茹でた汁はもったいないので、スープのベースや味噌汁などに使います。
2)豆腐が冷めたらボウルに移し、挽肉を入れて手でこねる。ペットに与えないのなら、ここで塩などを入れるとより粘りが出てまとまりやすい。様子を見ながら片栗粉を加える。好き好きだが、何となくまとまる程度で十分。
3)鍋にだし汁を沸騰させ、2をひと口大に丸めて厚みをつぶした物を落とす。浮き上がってきたら一度引っくり返す程度で火は通っている。1個くらいすくいあげ、冷ましてからペットに与える。
4)人間の分は、団子の全てに火が通ったら、鍋かスープに仕立てて食べる。あまり長い間煮込んだり、乱暴にかき混ぜたりしたら崩れるので注意。

※材料と味付けはお好みで。うちは、胡椒を利かせた薄いしょうゆ味に、白菜と春雨をよく合わせます。
# by bozu_diary | 2004-08-30 05:39 | 料理
*圧力鍋で鶏手羽元で作るレシピです。じゃがいもで作ると肉じゃがに、大根で作ると鶏大根になります。
 手羽元を圧力鍋で煮ると、皮や筋はもちろん関節の軟骨まで、とろとろプルプルのこりこりで食べられます。コラーゲンやカルシウムもたっぷりで、美肌や関節系にもいいですよ。ぜひ国産の、有機飼料で育て抗生物質を与えていない、出来る限りオーガニックなチキンを選んでください。
 骨や皮部分の多さを考えると、手羽先のほうが濃厚ですが、食べる部分が少なくかつ食べづらいので、うちでは手羽元をよく食べます。スプーンだけでも骨を外せますので、お客さんにも出せますよ。
関連記事:圧力鍋

《肉じゃが》
【材料と作り方】材料は全て適量です。いつも作っているものと照らし合わせ、圧をかけるときの蒸発分だけ水分を多めに。
・鶏手羽元
・日本酒
・正油
・たまねぎ
・じゃがいも

1)圧力鍋に、鶏手羽元と、4つ割くらいに大きく切ったたまねぎを入れ、日本酒と水をあわせてひたひた+200ccくらい入れ、ふたをして点火。
2)圧がかかって重りが回りだしたら、それが止まらない程度に火を弱めて10分間加熱。時間がきたら火を止め、重りを外して減圧させて、ふたを開ける。
3)大きく切ったじゃがいもを入れ、大体ちょうどいい味付けの半分くらいの量の正油を入れる。液体がひたひたくらいは欲しいが、足りないようならひたひたになるまで日本酒を足す。ふたをして再度点火。圧をかけて10分加熱し、時間がきたら火を止め、重りを外して減圧させて、ふたを開ける。
4)煮汁の味を見て、ちょうどいいくらいに正油を足し、ひと煮立ちさせて火を止めふたを閉める。食べる直前に再度圧はかけずに加熱する。

※圧力鍋は、メーカーによって圧の強さが違うため、時間や水分の蒸発する早さも異なる。手持ちのものの説明書きと照らし合わせて確認を。
※同じ作り方で、たまねぎは入れずに作り、じゃがいもの代わりに大根を使うと鶏大根になる。大きく切っても加圧するとすぐ火が通るので、いったん冷ましながら味を染み込ませればいい。
# by bozu_diary | 2004-08-27 11:50 | 料理

鶏手羽元カレーの作り方

*カレーはよく作りますが、あまりにこり過ぎるため、二度と同じ味が出来ません(笑)。これは、圧力鍋で作るカレーのなかでも、市販のルーを使ったオーソドックスなものです。出来上がりは、カレーソースの中に手羽元だけがあるタイプです。
 骨や皮部分の多さを考えると、手羽先のほうが濃厚でいいだしが出ますが、食べる部分が少なくかつ食べづらいので、うちでは手羽元をよく食べます。スプーンだけでも骨を外せますので、お客さんにも出せますよ。
関連記事:圧力鍋

【材料と作り方】5皿分見当
・鶏手羽元…15本 好みで増減
・にんじん…1本
・たまねぎ…1~2個
・にんにく…1かけ
・しょうが…親指頭程度
・カレールー…好みの5皿分のもの
・ローリエ…1枚
・塩、胡椒、その他好みのスパイス類…適宜

1)にんじんとたまねぎは粗みじんに切って、圧力鍋の中に入れる。その上に、塩胡椒を揉み込んだ鶏手羽元を並べ、大きめのみじん切りにしたにんにくとしょうが、ローリエ他のスパイスを入れ、分量の水と、プラス200ccの水を入れてふたをして点火。
2)圧がかかって重りが回りだしたら、それがとまらない程度に火を弱めて20分加熱。時間がきたら火を止め、重りを外して減圧させて、ふたを開ける。
3)スープが足りないようならここでお湯を足し、多すぎるようなら少し取って、カレールーを割り入れる。塩胡椒、その他で好みに調味して出来上がり。

※圧力鍋は、メーカーによって圧の強さが違うため、時間や水分の蒸発する早さも異なる。手持ちのものの説明書きと照らし合わせて確認を。
※3の時点で、手羽元はかなり柔らかくなっているので、かき混ぜるときあまりやんちゃにすると崩れますので注意。
※形のあるにんじんやじゃがいもが入っているほうがいいなら、1の加熱を15分で終わらせて一度減圧しふたを開け、大きめにきったにんじんやじゃがいもを入れて再度5分圧をかけて加熱する方法もあり。
# by bozu_diary | 2004-08-25 11:50 | 料理
*アロマセラピーを応用して、スキンケア用のオイルを作っています。最近の定番は、乾燥肌で痒くなりやすいダーリン用の「かいかいブレンド」と、むくみ体質のわたし用の「むくみブレンド」です。
 両手の平に取って体の気になる部分に伸ばし、撫でたり揉んだりさすったりはもちろんですが、それ以外にも皮膚の乾燥気味でつっぱる部分や、ぱさつく髪にも使います。いずれも、風呂上りの温まって湿っているときにつけると、少量でもよく伸びるので付け過ぎを防げます。
 ベースに、植物性の中でもっとも人間の脂に近いホホバオイルを使っているため、多少付け過ぎても吸い込みますし、服などについても通常の洗濯でたいてい落ちます。なので、マッサージに使うときは、気持ち多めに使った方がいいかも。
関連記事:オイルに精油を入れて

【材料と作り方】
・キャリアオイル…「M印」のホホバオイル 50ml入り
・エッセンシャルオイル…10~25滴(MAX)
 かいかいブレンド→ゼラニウム、オリバナム、ラベンダー
 むくみブレンド→ジュニパー、ローズマリー、ゼラニウム

1)ホホバオイルのビンの中ぶたを、爪を痛めないよう注意しながら外す。
2)ブレンド例を参考に、ビンの口からエッセンシャルオイルを入れる。いきなり濃くしないで、少しずつ試したほうがいい。妊娠中の人は控えたほうがいいです。
3)中ぶたを戻す。押し入れるときに中ぶたの穴が指などでふさがっていると、空気が抜けないため入りにくい。
4)よく振る。ふたにシールを貼り、何用のオイルか書いておくと便利。使う前にもよく振る。

※厳密に言うと、精油を使うので遮光のガラス瓶に入れないといけないのですが、私は直接オイルのビンに入れて作っちゃっています。ちゃんとやりたい方はぜひその方法で。
※マッサージは、心臓から遠いところから近いところへ向かって、が基本です。あとは押したり揉んだりして気持ちのいいところを。いろいろ本が出ているので、1冊手元にあると便利。一度覚えるつもりでプロにやってもらうといいんですけど…。膝から下ならリフレクソロジーの店がおすすめ、3千円くらいでやってもらえます。
※背中をはじめ体の裏側を、足先から頭に向かってなで上げてもらうだけでも、とても気持ちがいいものです。パートナーが居るなら、体を冷やさないよう室温に気をつけて、ぜひ一度交代交代でやってみてください。
# by bozu_diary | 2004-08-23 03:57 | 美容・コスメ
*子供の頃、切干大根は嫌いでした。あの乾物特有の匂いと、正油なのか味噌なのかわからないけど、ぐちゃぐちゃ長時間煮たもの独特の味が…。
 でも大人になって、このはりはり漬けのレシピと出会って以来、切干大根は私の大好物になりました。常備菜にどうぞ。酒の肴にもうってつけです。
 このレシピは、国産の無漂白の切干大根を使ったものです。水に浸けて戻さないので、大根の旨みが抜けてしまわず、自然の甘味がたっぷり楽しめます。
関連記事:無添加の乾物

【材料と作り方】
・切干大根…1袋 国産、無漂白のものが望ましい
・正油…適量
・酢…適量
・好みで 生姜、鷹の爪、山椒 etc.…適量

1)切干大根をボウルにあけ水を注いで、ほぐしながらほこりを取る程度に揉み洗いし、すぐに絞る。(国産無漂白じゃない時は、ぬるま湯で少し丁寧に洗って絞ってから、きれいな水に浸して戻します)
2)ざるの上に広げ、沸騰させたやかんの湯をまんべんなくかける。手で触れる温度になるまで放置。(水で戻した時は、3で切る前に絞ります)
3)好みで適当な長さに切る。ちゃんとやるならまな板と包丁で、私はキッチンばさみを使います。長いままだと、ずるずる繋がって全部出てきてしまうし、短すぎても美味しくない。2~3cmくらいが私は好き。
4)よく洗って焼酎で消毒したビンに、生姜や鷹の爪などを入れ、3の切干大根を入れる。
5)漬け汁は、正油と酢を半々を基準に好みで合わせ、ひたひたに注ぐ。漬け汁が残ると勿体無いので、切干大根への吸い込み具合を見ながら、足していくといい。
6)半日後くらいから食べられる。

※うちはこの漬け汁に、自家製らっきょうの漬け汁をよく使います。あと、玉ねぎの酢正油漬けもよく作るのですが、その残り汁もはりはりにしています。これがマジウマー。
※但し、はりはりを作った漬け汁は、激しく大根臭がするので、他の料理への流用は無理っぽいです。なるべく切干大根に漬け汁を吸わせ切るつもりで作り、少量残ったものは、次回のはりはりを作る漬け汁に混ぜてしまいます。取り箸を使うなどして衛生的に食べていて、漬け汁が濁っていなければ大丈夫。
# by bozu_diary | 2004-08-21 11:50 | 保存食
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30